解体作業

今日も暑かったです。昼から置戸町へ行ってきたのですが、途中の訓子府町では車に付いている室外温度が31℃を指していました。本格的に夏が来ました。

これからはじまる置戸町の平屋住宅は既存の住宅を解体してその後に建てるようになります。
で、現在は解体作業をしています。
今日で軸組み部分は殆んど壊れたので、後は基礎を残すのみです。
今は建物を解体しても解体で出たゴミは出来る限りリサイクルしなくてはいけないので、骨組みだけになるまでは殆んど人力で解体して分別しています。
昔なら屋根の上から重機でガーっと粉々に壊してしまったので解体作業も2~3日で終わったのですが、今は1週間以上掛かります。
環境の事を考えると良い事なのですが、もう少しゴミの処理代が安くならないかなぁと思う次第です。

ゴミだけじゃなくって省エネルギー対策のヒートポンプ式の暖房や給湯機器や太陽光発電の装置なんかも環境に良い事は十分に分かるのですが、価格が高い・・・
補助金なんかもありますが、それを利用したとしても高いんですよね~。使う側が無理しなくてもそれを選べるようにならないもんでしょうかね?e0031445_18113517.jpg
[PR]
by yamaichi-log | 2006-07-14 18:11 | 住宅建築
<< 鉛筆削り イカ! >>