断水続いておりました・・・

25日の早朝には私の自宅は濁り水ながらも水は出るようになったんですが、復旧後も水が不足して再び断水になってしまった所が多くあったようです。
事務所のある相内町も朝のうちちょっとだけ水が出て、昼前には再び断水。翌26日の早朝まで続きました。
事務所は丁度仕事をさせて頂いているお客様のお家に地下水が引いてあり、それをタンクで頂いて来たので、それで賄っていました。トイレの水は草木用に溜めてあった雨水利用です。

まぁ、とりあえずは全戸復旧したのかな?と思いますけれど、情報がホントに不足していたようです。色々な報道を見ているとトイレの水が出なくて断水に初めて気付いたって言う方は意外に多かったみたいです。私もその一人でしたが、こんなノンキな人は私くらいじゃないかと思っていたんですが・・・やっぱり広報が十分じゃなかったみたいです。

水道はもちろん大切なライフラインですから、水が出ないだけでもこの大騒ぎな訳で、でも、もし大地震などで電気、ガス、電話なんかのライフライン全てが断たれた状態になってしまった時、この体制で大丈夫なんだろうか・・・?とちょっと心配になってしまいました。

断水の復旧の状況や給水所の設置場所、断水になった原因なんかは私は全て市役所のHPから情報を入手しましたが、パソコンを使っていない方達は市役所に電話したり直接出向いて聞いたり、また人づてに聞いたりするより情報の入手先が無かったのでは無いかと思います。
小さな市とは言え何万世帯全部に情報を届けるのは難しい事だとは思います。また、今回のように予想された復旧の見込みがずれ込んだりして正確な情報をリアルタイムで知らせるのも難しいと思います。でも、阪神淡路大震災後どの自治区でも防災対策は重要課題として扱われていると思いますので、わが町北見市ももっと充実した体制を整えていかなくてはいけないのでは?と感じました。

色々と市民から不満の声が多く寄せられているようですが、市役所職員の方、消防の方なども個々人ではきっと一生懸命対応されていたんだと思います。そう言う努力がきちんと評価されるよう、動く人が動きやすい体制が出来る事を望みます。

あ、そうそう、濁った水が出たお家の水道蛇口ですが、蛇口の先にゴミ取り用の網が付いているタイプは網部分が簡単に取れますので一度外して歯ブラシなどでお掃除したら良いですよ。あまり砂が溜まると水の出が悪くなっちゃいますので。サビ水が出た所も同様です。
[PR]
by yamaichi-log | 2007-06-27 11:43 | etc.
<< 図面描き 電気温水器に感謝! >>