カテゴリ:住宅建築( 39 )

P&B

寒い日が続いていて事務所もFFストーブを焚いていたりします。
うだるように毎日暑いのもご勘弁ですが、もうちょっと良いお天気になって欲しいものです。

実は今年、私の自宅を建設する事となりました。まぁ、他のお客様のお仕事が優先なので完成はいつになるのか不明な所なんですが、ひとまずちょっと大工さんの手が空いた合間を縫って基礎工事に取り掛かったところです。
基礎工事に入るまでに色々とありまして、私が以前在籍していた帯広の建設会社の社長ご夫妻に色々とお手数お掛けしたり、建てる場所に建っていた古い住宅を壊した際にもお隣にお住いのおじさんにお手伝いして頂いたりと周りにご迷惑を掛け放題になってます・・・
本当に皆様ありがとうございます。

古い住宅の解体の時、何度か現場へ行ったのですが、ある程度上が壊れて後は基礎の部分を残すのみとなった時、基礎部分をみて驚きました。基礎自体は今の住宅のような布基礎ではなく束石だと言う事は聞いていたのですが、見ると束石でもありません。束丸太でした。
トイレが汲み取り式だったのでその便槽部分と玄関土間だけがコンクリート製でして、後は全部束丸太で家を支えていた状況です。
今までも色々な解体工事で鉄筋が入っていないコンクリートとか鉄筋の代わりに竹が入れられたコンクリートなんかは見た事があったのですが、さすがに束丸太は初めてです。
土地の水はけが良かったらしく意外と腐れてもいませんでした。案外家って壊れないもんだなと実感。
e0031445_172620.jpg

自宅の構造は在来木造ですが、家の中の柱や梁には皮むき丸太を使用するP&Bです。外部の柱も丸太材ですが、外壁を普通住宅のように貼るので角型に成形して使います。
外からの見た目は普通の木造住宅ですけれど中はログハウスチックな雰囲気を目指しています。
で、加えてバリアフリー重視です。社長ともめながらも玄関の上り框の段差を無くする事にしちゃいました。財力の関係上ちっちゃい家なので狭いのがちょっと・・・ですが、掃除が嫌いな私には丁度良い規模だと思っています。

今年から現場作業の様子はブログで更新していこうと思っておりますので、たまーにチェックして見て下さいね。
[PR]
by yamaichi-log | 2006-06-09 17:09 | 住宅建築

メーカーのショウルーム見学

一昨日、北見に新しく出来たトステムのショウルームを見学してきました。
見学時間は午後5時までだったのに、5時過ぎに行った迷惑な一行をとても感じの良いショウルームレディの方が親切に案内してくれました。
たまーにカタログなんかを頂きにメーカーのショウルームを訪れる事はあるのですが、何回行っても実は楽しかったりします。
女の人だったら楽しいのがきっと分かって頂けるのでは?

今回行ったトステムのショウルームもキッチンやお風呂、建具なんかが豊富に展示されていて、実際に使い勝手なんかも体験出来ます。
色なんかも実物を見て決められるので、「想像した色と違う~!」なんて事も無くなると思うので、設備を決める時はショウルームがあったら見てみることをお勧めします。

ただね、予算との都合で普通のグレードの物なんかを選んでいても、実際にショウルームに飾られている高いグレードの物と比較しちゃうとちょっと悲しくなる事もあり・・・
どのメーカーでも高い物はやっぱり格好いいんだよねぇ。
住宅を建てるときに誰もが思う。「宝くじが当たればねぇ・・・」
[PR]
by yamaichi-log | 2006-01-19 17:48 | 住宅建築

P&B

ここ数日悩んでおります。某P&B物件の図面製作で。
P&B自体は日本の木造在来工法と同じ工法ですので(柱に丸太を使用するだけ)間取りの自由性はログハウスよりもずっと良いのですが、土地の奥行きが長くて間口が狭く、しかも3方向を建物に囲まれているせいで日当たりが悪い土地なんです。
加えて平屋+完全バリヤフリーなので、窓からの景観、日照、使い勝手と考える事が一杯です。
ある意味やりがいのある仕事ですが、ちょっと煮詰まってきちゃいました。

本州の都会の物件なんかをサイトで見ると30坪とか20坪とかの土地に建っている建物も多いようですが、この土地が安い田舎では今一歩想像が付かないんですよね・・・。
中心部以外では80坪とか100坪を超える土地が当たり前ですし。
P&B物件の土地は60坪で都会から見れば十分な大きさなのかも知れませんが、今年のように大雪が降った場合なんかを考えると隣地から50cmのところに建てるのも問題があるので、土地の間口があと2m大きかったら・・・意外といけるんですけどねぇ。
[PR]
by yamaichi-log | 2006-01-13 11:33 | 住宅建築

外観ほぼ完成!

すっかり寒くなってきましたね~。先週の土曜日なんか現場から帰ってくる時の気温が-5℃にもなっていました。2桁になる日もそう遠くなさそうです。

新築の現場の方は外部の工事がほぼ終わりました。後は内部の天井や床貼り、設備機器の設置などの室内工事です。
外部はスチール製の縦張りサイディングです。最近この形のサイディングを見かけるようになりましたが、紺色とシルバーの組み合わせが多いかな?
ここは一風違って黄色とシルバーにしたのですが、いかがでしょう?意外と目立ちます。

玄関の横の小さな飾りサッシも枠を黄色にしてみました。もうちょっとひよこ色みたいな黄色だと壁と合って良かったんですが、ちょっとオレンジ色過ぎますよね~。でも、アクセントって事で。

後は外部工事は玄関のタイルとウッドデッキくらいですが、ウッドデッキの他にわんちゃんの為の小さいドッグランが住宅の横に作られます。
ドッグランはラティスパネルで柵をして囲うのですが、そこへは玄関の横に取り付けたテラスドアから出入り出来るようになっています。

e0031445_15275483.jpg
[PR]
by yamaichi-log | 2005-11-28 15:28 | 住宅建築

つかの間の休息

今日は朝から雨模様の為、事務所仕事をしています。
さすがに連日の外仕事は体にキツイものがあり、昨日の日曜日もトドのようにゴロゴロしていました。日曜日だと言うのに比較的元気な旦那をこき使って掃除&洗濯をしてもらいました。
いや、私も働きましたよ!お昼ごはん作ったのとお風呂掃除をば・・・

現場の方は屋根の下地が終わり、外壁の合板をほぼ貼り終えた状態です。
柱や梁を掛けるのに「ついに桁の上(幅10cm)に上がらなくてはならないか・・・」と覚悟していたのですが、丁度、屋根板金の業者さんが暇だからと言う事で職人さんが4人もお手伝いに来てくれたので難を逃れる事が出来ました。
ただ、急な仕事が入ってしまい2日で逃げられてしまったので屋根合板は上に上がって打つ事になりましたが、それでも合板の上なら桁の上よりは数倍安心して上がれるので、本当に助かりました。

今でこそ足場の4,5段目辺りまでは上がれるようになりましたが、基本的に高いところは苦手なんです。最初は足場の1段目に上がるのにも3分掛かっていましたから・・・(1段で大体2m弱の高さ)
今でもあまり高いところは好きではないので、足場の上で仕事をすると必要以上に足をふんばっているようで、夕方頃からはふくらはぎがパンパンに張ってしまいます。

今日は少しゆっくり体を休められたので、明日からまたがんばりまーす。
e0031445_1535288.jpg
[PR]
by yamaichi-log | 2005-11-07 15:02 | 住宅建築

大工修行中

月一更新のブログってどうなのよ?いかんなぁ・・・
メインのHPの更新もめちゃめちゃさぼっておりますが、先月からずーっと現場に行って肉体労働をしているもので、体力的に限界が近づいてきております。

何でかと申しますと、大工さんが一人ヘルニアでお休みしてしまい、更に共に働いている私の旦那さまの足の調子がいまいち良くなくて彼も継続的に仕事が出来なかったりしまして、猫の手よりはちょっとマシかと言う感じで私が現場に出向いております。
冬も間近だと言うのに今頃日焼けで鼻の頭が赤くなり、たくましい腕になってきました。

現場の方は床組みが終わり、明日辺りからいよいよ柱などを建てていきます。今回の住宅はツーバイフォーではなくプレカットをした在来工法です。
本当に久しぶりの在来住宅なので、ちょっと新鮮な感じがします。

今日はちょっぴり体調不良で現場はお休みさせてもらいましたが、明日からはまた元気に現場でがんばってきます。
でもね~、体を動かしていると体が引き締まってくるのが実感できてちょっと嬉しかったりしますが、ここ数年、背中や足首は締まってくるのに腹の肉に変化が無いんですよね・・・ちょっとショック。
e0031445_10525762.jpg
[PR]
by yamaichi-log | 2005-11-01 10:54 | 住宅建築

ようやっと

e0031445_16232517.jpg

先月中頃から開始予定だった普通住宅の基礎工事が今日からようやっと始まりました。
とりたてて問題が起きた訳ではないのですが、書類等の関係処理に少し時間が掛かってしまい、半月ばかり予定が延びてしまいました。

先ほど置戸町の現場へ様子を見に行ってきたのですが、話によると今朝はものすごく冷え込んで薄氷が張ったとか・・・北見市も盆地なので冬の冷え込みは厳しいのですが、置戸町は北見以上に寒いんです。だって日本一(なのかな?)寒い陸別町のお隣なんですもの。
4年ほど前に置戸でログハウスを建てさせて頂いた時も冬時期でした。現場公開の前日にお掃除で夜遅くまで現場に居たのですが、その時の外の寒さったら涙が出そうなほどでしたよ。
今年は暖冬で雪が遅い事を心から願っております。
寒くなると坐骨神経痛が痛むんですよ・・・

で、現場の帰り道の休耕している畑にひまわりが咲き乱れていてとってもキレイだったので写真を撮ってきました。
最近、この時期になるとひまわりや菜の花を植えている畑が多く見られるようになりました。
この花は種が出来てしまう前に刈って畑の土に混ぜ込んでしまうそうです。土壌改良なのかな?
夏のひまわりに比べると細くて花も小さめですが一面の黄色いじゅうたんがとってもきれいでした。
[PR]
by yamaichi-log | 2005-10-06 16:24 | 住宅建築

ペットと住む家

e0031445_10301968.jpg
久しぶりのログハウスじゃない住宅の建築がそろそろ始まります。
ここのおうちは家族にワンコが3匹いるので、使用する建材もワンコ用の物を多く使っています。
最近、私の友人、知人宅やお客様のお家を見ても室内でワンコを飼っているお宅が多くなったなぁと感じてはいましたが、今回ペットを飼っているお家用の建材がとっても増えているのを見て、改めて増えているんだなぁと思いました。

建具や壁材などもペットの爪でも傷つかない素材になっていたり、ドアの下にペット用の小さな出入り口が付いているドアが各メーカーから出ていたり、床材に関しても傷が付きにくい、掃除がし易い、匂いが染み付かないと言ったような工夫がなされている物も増えてきました。

今回の住宅の床材もオスのワンコがたまに室内でおしっこをしてしまうと言う事で、シミの付き難さや掃除のし易さからロンリュームと言う硬いビニール系の床材を使いたいと施主様からご相談されたのですが、確かに掃除はし易いのですがこのロンリュームと言う素材は公共施設などの土足で歩くような所に多く使われる事が多いような硬い床材ですので、住宅の室内で使うとなると床が固くて足ざわりが悪いですし、子供が転んだりした時もちょっと危険です。
高耐久性のフローリングもありますが、やはりそういう加工が成されているフローリングは通常の物に比べると価格が若干高いんです。それで安くて良い素材は無いのかな~と思って色々と調べてみるとペット用のクッションフロアーが発売されており、それに決定しました。
ペット用の商品が色々出ている時で良かったな~と・・・

6,7年前に前にいた会社で室内で大型犬を飼っているお宅を建設させて頂いた事があるのですが、新築から1年後にそのお宅をメンテナンスで伺って愕然としました。
床に張ったフロアーの表面がささくれてしまって、見た目も全体的に白っぽくなってしまっていたんです。
原因はワンコの爪の傷とお掃除手段として雑巾掛けをまめにされていた事のようです。
普通のフロアー材は合板で出来ています。この表面に塗装やコーティングが施されているのですが、この表面をキレイに保つのには水で拭くよりもワックスなどで保護する方が効果があります。
そこのお宅でも「ワックスは少なくても年に1回は掛けてくださいね」と言っていたのですが、普段のお手入れに余りにもまめに雑巾掛けをしてしまったのがいけなかったようです。

最近はペットを飼う飼い主側だけではなく、ペットにも配慮された建材も出てきています。
今回の住宅で使うクッションフロアーも犬が走っても滑り難いような加工がされています。
飼っていると本当にペットも家族ですので飼い主もペットもストレス無く住めるお家が造りやすい環境になってきた事は本当に良い事だと思います。
私もいつの日か自宅を設計する時は猫を飼うのを前提にしてキャットウォークを造ってしまおうとたくらんでおります。
[PR]
by yamaichi-log | 2005-09-13 10:31 | 住宅建築

久しぶりの普通住宅

会社の周りも山ほどトンボが飛び始め、秋らしい雰囲気になってきました。
この時期に一度大阪へ行った事があるのですが、この時期でも大阪は30℃オーバーの気温で倒れそうになりました。北海道人は汗腺が少ないからあの暑さは無理。

さて、今年はリフォーム物件の仕事で忙しいのですが、とっても久しぶりにログハウスじゃない住宅の建築が来月から始まります。
あまりにもログハウスの図面ばかり書いていましたので、メーターモジュールから尺寸への頭の切り替えに四苦八苦してしまいました・・・
場所は北見から南西に30kmほど行ったところにある置戸町と言う町です。町は小さいですが、木で作った器などの「オケクラフト」がとっても有名です。

先日、施主様と一緒に現地を見てきたのですが、町の分譲地でとっても広い。区画はどれも100坪オーバーです。
しかも、町のホームページで見てみると坪単価が10,000円以下!でっかいどう北海道の利点ここにあり!
建設は9月中旬から始まる予定ですので、また建築の様子をHPでアップしていきますので、こちらもどうぞご覧下さい。

土地の大きさで思い出したんですが、本州のお家で隣家の壁との隙間が50cmあるかないかの物件をたまにテレビなどで見るのですが、あれってどうやって外壁とかを貼っているんでしょう?平屋ならなんとかなるかな~?と思うのですが、3階建てだったりするんですよね~。
北海道では落雪の問題なんかがあるので、それほどお隣との距離が近い事はほぼ無いので、かなり疑問です???誰か教えて下さい。
e0031445_14345329.jpg
[PR]
by yamaichi-log | 2005-08-30 14:35 | 住宅建築