<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬がやってきた!

一昨日まで雪もすっかり減ってきて畑なんかも土が見えてきていたと言うのに、昨日からの大雪ですっかり外は冬景色です。
さすがに気温は暖かいので溶けてはきていますが、それでもかなり降りましたよ。

先週の土曜日にちょっと暇だったのでナショナルさんのショウルーム見学に行ってきました。
ユニットバスが見たくて行ったんですけど、形や色がとってもモダンな雰囲気で良かったですよ。他にもキッチンなんかも見てきましたが、本当に次から次へと色々なアイディアが盛り込まれているなぁ・・・と感心。
キッチンの扉がスライド式になっているのはもうどのメーカーさんもスタンダードになってきていますが、IHヒーターも土鍋以外なら使える物も出てますし、シンクも水はねや水音が少ない物なんかもあります。
スライド式の収納も各メーカーともに工夫が進んでいて、キッチン本体の大きさは変わらなくても中身の収納力が上がっていたりもします。
ホントに1年毎に新商品が出てくると付いていくのが精一杯です。
[PR]
by yamaichi-log | 2006-03-30 15:54 | etc.

スロープ勾配

段々春めいた陽気になってきましたね~。今年は春が早そうです。

介護リフォーム講座の続き・・・
講義の中で車椅子に実際に乗る機会があったんです。旦那が手術をした病院で旦那の車椅子を拝借してみた事はあるんですが、その時はちっとも上手く操作出来なくて乗ったというほど乗ってはいないんですが、人生2度目の車椅子です。
車椅子は2タイプあって、病院などに置いてある普通の車椅子と車輪の軸が座る所の下辺りにあって小回りが効くのとで、両方とも乗ってみたんですが、やっぱり想像以上に上手く動き回る事が出来ませんでした。
特に半身が使えないと仮定して右手と右足のみで直進しようとしてみたところ、真っ直ぐに進む事が全然出来ませんでした。車椅子でスポーツやってる人ってすごいわ。運動神経良いんだな~。と痛感。

車椅子で講座をやっている会場内にあったスロープを登ってもみたんです。
勾配は1/12(12m進んで1m上がる勾配です)弱だったんですが、もう腕が筋肉痛になるかも!っていうくらいの力が必要でした。
建築をする上でよく聞かれるスロープの一般的な勾配は1/12~1/15です。1/12のスロープも見た目だけだったらそんな急勾配ではないんですが、実際に使うとなるとやはり少々疑問を感じます。
でも、現実として住宅の玄関なんかにスロープをつける場合、緩やかな勾配のスロープを付けるだけのスペースを取る事は難しい事なんですよね。スロープの為に6mも7mも余分なスペースを空けるのも勿体無い事も多々ありますし。
でも、これから住宅にスロープを取り付けようかと思っている方がいらっしゃったらスロープを必要としている人の体力や車椅子の重さなんかを考慮して勾配を決めたら良いと思いますよ。
コンパネとかで仮設スロープを作ってもらってテストするのも良いと思います。
病院とかにあるスロープなんかを活用させてもらうのも有りかと・・・
[PR]
by yamaichi-log | 2006-03-15 16:46 | 福祉関係

介護住宅セミナー

先週びっしり行っていた介護住宅のセミナーで学んだ事をブログネタにしようかと思います。
サイトのはじっこにもちょっと書いてあるように我が家には障害者の旦那がいます。
障害を負ってから普通の賃貸マンションでは暮らせない状況になり、「無いだろうな・・・」と思いながらもあちこちの不動産屋さんを巡りました。
でも、やっぱり無いんですよね。幸いな事に道営住宅の抽選に当たり、とりあえずは何とかなるお家に住む事が出来ましたが、きっと我が家と同じような思いをした方って結構いらっしゃるのではないかと思うんですよね。

3年前(かな?)にネットで遊んでいる時にたまたま見つけた「福祉住環境コーディネーター」と言う資格試験を受けて、建築屋として少しでもそう言った方々のお役に立てればいいな~と思ってはいたのですが、医療や介護の現場は全く未知の世界ですし自分自身のスキルアップもなかなか出来ないので、せっかく取った資格も生かしきれていない状況でした。
そんな時に前記の介護セミナーの案内が送られて来たので、1も2も無く申し込んでみました。

実を言うと講習会の時間割が来るまで1週間びっちり、しかも1日一杯ある事に気づかなかったので、「ちょっと失敗した・・・」と講習を受けるまでは思っていました。
でもね、お世辞じゃなく中身の濃い1週間でしたよ。バリヤフリー住宅を多く手掛けている建築屋さんのお話はもちろん、建築業界だけじゃなく医療関係の方や介護の現場で働いている方々のお話が沢山聞けました。
目から鱗と言う話も沢山聞けて、私自身の良い糧になったと本当に思います。

で、触発されて「在宅支援技術者連絡協議会」と言う福祉住宅や介護住宅に携わる人達が活動している団体に加入させてもらう事にしちゃいました。
この団体で沢山勉強させて頂いて、介護のリフォームや新築住宅の設計・施工に生かしていけたらと思っています。

目から鱗のお話はまた後日~。普通の住宅を建てる際にもお役に立つことがあるかもよ~。
[PR]
by yamaichi-log | 2006-03-01 18:10 | 福祉関係